バイナリーオプションスクープ!


ナビゲーション



バイナリーオプションを考える


 バイナリーオプションは、主に通貨を銘柄にして行われる投資取引になり、外国為替市場の為替レートの変動を利用して資産を運用することを目的としています。

わかりやすく簡単な取引きのルールと、少ない投資資金で始められることがセールスポイントの一つでもあるバイナリーオプションですが、だからと言って無作為に予測も立てずに取引きを行ったり、沢山の通貨の銘柄に投資をしたりしても、損失が増えるだけで利益を得ることが難しいでしょう。

バイナリーオプションで一般的に用いられている「ハイ&ローオプション」の取引きルールは、通貨の価格が、一定時間の後に決められている価格よりも上になっているか、それとも下になっているのか、という事を予測する二者択一の選択になり、その勝率は50パーセントになっています。

予測が当たれば投資した資金に応じた配当金が払い出されて利益となり、予測が外れれば投資した資金が没収されて損失となるわけですが、この配当金と投資にかかる一回の投資金額を比べると、投資金額の方がやや大きく、配当金の方が小さく設定されているために、5割の勝率であっても投資を長く繰り返していくうちに、少しずス資産を失っていく事になるのです。

ですので、バイナリーオプションで資産を増やしていくためには、6割以上の勝率が必要になると言われています。
これだけの勝率を目指すためには、比較的短時間に行える投資だからと言って、無作為に投資を行ったり、何も考えずにたくさんの投資をしたとしても、決して達成できるものではないのです。

バイナリーオプションで勝利をするためには、為替相場を読み解いていくという方法が必要になります。
通貨を銘柄にしているバイナリーオプションでは、外国為替市場の為替相場のレート変動を投資の対象としているのですが、この外国為替市場は平日であれば24時間つねに開場しており、その為替レートの変動は休むことなく行われているのです。

為替相場が24時間開場しているのは、通貨を取り扱っている為替市場が世界中に点在し、かつ、それらがインターネットなどの通信網で互いに連携をしあいながら大きな一つの相場を形作っているからになります。

こうしたことから、この為替相場にはその時間帯にはこうした相場の流れが生まれやすいというような傾向があり、例えば、朝の午前4時ごろに世界三大市場の一つであるニューヨーク市場が閉場し、次の三大市場である東京市場が開くまでの間を受け持つ、オセアニア地域のウェリントン市場やシドニー市場などの為替相場では、比較的に値動きが落ち着いているものの、その通貨の取扱量や流通量が少ないために、ちょっとした売買で大きくレートの変動が起こることが知られています。

また、ニューヨーク市場の終値と、東京市場の始値はほとんど同じになることなどの特性もあり、その間に大きくその値から外れたとしても、東京市場が始まる頃にはその為替値に戻ることも知られているために、こうした特性を利用することで、バイナリーオプションの取引きをさらに有利に進められ、結果として勝率を上げていく事が可能になるのです。

このような市場のクセともいうべき、周期的な傾向を知っておくだけでも充分に勝利に近づけますし、より予測の精度を上げたいのであれば、世界各国の経済の状況や政治の動向、国家間の関係性、自然災害、戦争やテロ、世界中の投資家の売買心理を読み解いていくファンダメンタル分析や、過去の為替相場の数値や、レートの変動などを指数化したり図表化して分析し近い未来の為替レートの変動を直接的に予測していくテクニカル分析などを用いて予測を行っていけば、バイナリーオプションでの勝率をしっかりと上げていくことができるでしょう。




フリータイムにできる投資

空いた時間に僅かな作業でお金稼ぎができる方法といえば、やっぱり投資の中で最も手軽にできるFXが真っ先に挙げられるでしょう。

最初は専門用語や経済の知識に疎くても、慣れれば意外とそういったことも気にならなくなってきて安定して稼げる人も少なくないですし、値動きにある程度の規則性があるからパターンを発見できれば勝率はどんどん上がっていく可能性が高いのです。

金融取引といえば真っ先に思い浮かぶほどメジャーな投資になったので、FXはこれからも更に注目を浴びて将来性のあるものになっていくと思います。